牛肉のうま味成分高付加価値化推進調査研究事業

牛肉に対する消費者ニーズの変化や多様化に即応した生産・流通を図るため、消費者が食べて美味しいと感じる「牛肉のうまみ」に関する主要成分の検索、熟成日数の経過とともに変化するうま味成分の店頭販売時点(D14)での成分推測方法の検討、モモ肉等の低価格部位の高付加価値化を図るためのロースとモモ肉間の脂肪交雑の相関関係(モモ抜け)解明への取組、美味しさを中心とした経済的遺伝形質のバ ラツキ要因、粗脂肪含量と交雑脂肪の関連を解明することによる牛肉の食味性向上への取組を行い、事業成果を生産者や消費者に情報発信し消費者ニーズに応えます。