令和4年度肉用牛改良情報活用協議会畜産生産力・生産体制強化対策事業
(家畜能力等向上強化推進に係る肉用牛・多様な改良情報の収集・分析等対策のうち新たな改良形質の検討・評価)
に係る取組主体候補者の2次公募について

1 公募の開始

我が国の肉用牛の改良においては、これまでの脂肪交雑を重視する価値観だけではなく、食味に関連する脂肪酸組成など新たな改良形質に着目した改良の推進が求められています。このため肉用牛改良情報活用協議会では、新たな改良形質の検討・評価を行うために必要な不飽和脂肪酸含有量に関するデータ収集・分析に必要な機器の導入に取組む標記事業を実施する取組主体候補者の2次公募を開始しました。

なお、本公募に係る事務手続きは、一般社団法人全国肉用牛振興基金協会が担当します。


2 公募の概要等

令和4年度肉用牛改良情報活用協議会畜産生産力・生産体制強化対策事業(家畜能力等向上強化推進に係る肉用牛・多様な改良情報の収集・分析等対策のうち新たな改良形質の検討・評価)に係る取組主体候補者の公募については、「令和4年度肉用牛改良情報活用協議会畜産生産力・生産体制強化対策事業(家畜能力等向上強化推進に係る肉用牛・多様な改良情報の収集・分析等対策のうち新たな改良形質の検討・評価)に係る取組主体候補者の2次公募案内(173KB)」、「肉用牛改良情報活用協議会畜産生産力・生産体制強化対策事業(家畜能力等向上強化推進に係る肉用牛・多様な改良情報の収集・分析等対策のうち新たな改良形質の検討・評価)実施要領(370KB)」をご参照ください。


3 応募方法

応募団体は、4の応募期間内に「肉用牛改良情報活用協議会畜産生産力・生産体制強化対策事業(家畜能力等向上強化推進に係る肉用牛・多様な改良情報の収集・分析等対策のうち新たな改良形質の検討・評価)に係る公募要領(268KB)」に基づき、「令和4年度肉用牛改良情報活用協議会畜産生産力・生産体制強化対策事業(家畜能力等向上強化推進に係る肉用牛・多様な改良情報の収集・分析等対策のうち新たな改良形質の検討・評価)応募書」「様式1(29KB)」、「様式2(31KB)」、「様式3(13KB)」「応募書類チェックシート(22KB)」を作成し、5の応募先に提出してください。


関連ファイル一式ダウンロード(1.59MB)


4 応募期間

公募期間(応募書の提出期間)は、以下のとおり

令和4年9月5日(月)~令和4年11月28日(月)

①第一次応募締切:令和4年10月17日(月)到着分

②第二次応募締切:令和4年11月28日(月)到着分


5 応募先及び問合せ先

【応募先】

〒113-0033 
東京都文京区本郷1-34-3 後楽園SAJビル6階

肉用牛改良情報活用協議会
(事務局:一般社団法人全国肉用牛振興基金協会 事業部)あて


【問合せ先】
 同上
TEL:03-5801-0773 
FAX:03-5801-0774

メール:shinko@nbafa.or.jp

ただし、問合せ先については、平日の午前9時~午後5時45分(正午~午後1時を除く)までとします。


6 その他