令和2年度和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業に係る取組主体候補者の2次公募について

1 公募の開始

一般社団法人全国肉用牛振興基金協会では、和牛遺伝資源(和牛精液・受精卵)の適正管理及び流出防止等を目的として、地域における和牛遺伝資源の流通・利用状況を管理するための検討会等の開催、地域内血統の把握、和牛精液等の容器(ストロー)に関連情報(種雄牛名、生産年月日等)を表示する機器の導入等、和牛遺伝資源の管理体制の構築に取組むための標記事業を実施する取組主体候補者の2次公募を開始しました。


2 公募の概要等

令和2年度和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業に係る取組主体候補者の2次公募については、「令和2年度和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業に係る取組主体候補者の公募案内(156KB)」、「和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業実施要領(404KB)」及び「和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業の概要(139KB)」をご参照ください。


3 応募方法

応募団体は、4の応募期間内に「令和2年度和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業に係る公募要領(293KB)」に基づき、「様式1(22KB)」、「様式2(29KB)」、「様式3(14KB)」を作成し、「応募書類チェックシート(21KB)」で応募書類の内容確認を行い、5の応募先に提出してください。


関連ファイル一式ダウンロード(1.2MB)


4 応募期間

公募期間(応募書の提出期間)は以下のとおり
令和2年10月1日(木)~令和2年10月30日(金)


5 応募先及び問合せ先

【応募先】

〒113-0033 
東京都文京区本郷1-34-3 後楽園SAJビル6階

一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会 事業部 あて


【問合せ先】
 同上
TEL:03-5801-0773 
FAX:03-5801-0774

メール:shinko@nbafa.or.jp

ただし、問合せ先については、平日の午前9時~午後5時45分(正午~午後12時45分を除く)とします。


6 その他

事業の内容等については、「和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業実施要綱(令和2年3月24日付け元農畜機第7542号」(287KB)も併せて参照ください。

 事業内容及び補助対象経費については、以下の項目になります。

区分 事業内容 主な補助対象経費
和牛精液等流通管理システム構築支援 検討会の開催等(*)
和牛精液等の流通を管理するための検討会、先進事例調査、実務者説明会等の実施
会場借料
委員旅費
委員謝金
通信運搬費
消耗品費
印刷製本費
事務諸費
地域内血統の把握・確認
地域内の血統構成を把握するための遺伝子型検査等の実施
遺伝子型検査費(親子判定検査費)
和牛精液等流通管理システム構築推進指導
「検討会の開催等」及び「地域内血統の把握・確認」を円滑に実施するための推進指導等
技術指導事務費
技術指導旅費
通信運搬費
消耗品費
印刷製本費
事務諸費
和牛精液等関連情報表示適正化支援 和牛精液等関連情報表示機器の導入支援
家畜人工授精事業者が、和牛精液等の容器に種雄牛名等の情報を表示するのに必要な機器をリース方式により導入する場合のリース料の負担軽減
和牛精液等関連情報表示機器一式
和牛精液等関連情報表示適正化推進指導
「和牛精液等関連情報表示機器の導入支援」を円滑に実施するための推進指導等
技術指導事務費
技術指導旅費
通信運搬費
消耗品費
印刷製本費
事務諸費

*本事業を応募するにあたって、事業内容の「検討会の開催等」は必須事項となります。