一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
関係事業
トップページへ
生産者積立金融資事業 < 関係事業 < トップページ

関係事業の目次へ戻る
生産者積立金融資事業

概要

  生産者積立金融資事業は、子牛価格の異常な低落により肉用子牛生産者補給金制度における生産者補給金の交付財源たる生産者積立金に不足を生じた場合、当協会が都道府県肉用子牛価格安定基金協会に対して不足額を融資する事業です。

  生産者補給金の交付財源は、平均売買価格が合理化目標価格を上回っている場合は、保証基準価格との差額の全額が農畜産業振興機構から都道府県肉用子牛価格安定基金協会に対して交付される生産者補給交付金によって賄われます。

  また、平均売買価格が合理化目標価格を下回る場合は、この生産者補給交付金のほかに、下回る部分について指定協会の保有する生産者積立金によって賄われることになっています。生産者積立金融資事業は、大幅な子牛価格低落などにより、この生産者積立金に不足を生じた場合に、本協会が融資準備財産を財源として指定協会に対し、必要な資金を無利子、償還期限8年以内で融通する事業です。



運営状況

  牛肉の輸入自由化により平成2〜7年度にかけて短角種・乳雄等の肉用子牛価格が大幅に下落したことで、生産者補給金の交付財源である生産者積立金が不足し、平成6年度の約335億円を最高に、平成3年度から平成7年度の間に約649億円を融資しました。
  平成7年度後半からは短角種・乳雄等の価格が回復傾向にあり融資の必要はありませんでしたが、平成11年度から平成12年度にかけて短角種の価格が下落したために12県に対し約4,700万円の融資を行いました。
  平成13〜16年度においては、口蹄疫、BSE発生の影響を受け、各品種区分とも子牛価格が下落しました。中でも、乳用種については下落が大きく生産者積立金が不足し、約29億円の融資を行いました。詳細は下記のとおりです。
  なお、平成16年度は、業務対象年間の最終年度でもあり、貸付額の繰上償還が下表のとおり3億5,600万円ありました。
  平成17年度〜21年度は、貸付金がなく、償還が3億1,900円 (平成17年度)、2億9,000万円(平成18年度)、16億300万円(平成19年度)、9,100万円(平成20年度)、3億70万円(平成21年度)ありました。
  平成22年度は貸付金、償還金ともありませんでしたが、平成23年度に7年振りにその他肉専で43,567円の融資を行いました。
  平成24年度以降現在まで貸付金はありません。
  平成26年度に償還が43,567円ありました。

年度 融資額 償還額
褐毛和種 その他肉専 肉専以外 合計
乳用種 交雑種
3 548,533,415 548,533,415 690,244,534
4 942,506,467 3,111,765,623 4,054,272,090 681,187,082
5 634,895 1,082,008,480 15,753,938,481 16,836,581,856 4,714,135,512
6 1,991,229 756,436,976 32,752,869,148 33,511,297,353 15,056,489,449
7 224,643,904 9,694,726,071 9,919,369,975 32,819,828,680
8 8,628,955,539
9 509,609,192
10 48,303,955
11 932,384 932,384 157,793,404
12 46,428,555 46,428,555 1,717,322
13 289,394 289,394 2,169,535
14 44,874,023 44,874,023 23,089,124
15 2,719,675,419 2,719,675,419
16 176,106,426 176,106,426 356,659,322
17 319,906,726
18 290,879,438
19 1,603,755,862
20 91,029,334
21 300,714,090
22
23 43,567
24
25
26 43,567
27
合計 2,626,124 3,601,533,748 64,254,244,585 67,858,404,457 66,296,511,667

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。