一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
肉用牛豆知識
トップページへ
肉用牛の歴史 肉用牛の種類 日本の肉用牛の祖先 外国肉専用種 乳用牛の種類
見島牛アバディーンアンガス種|シンメンタール種|ショートホーン種デボン種


シンメンタール種 < 日本の肉用牛の祖先 < 肉用牛豆知識 < トップページ

日本の肉用牛の祖先

シンメンタール種
 

  明治時代に褐毛和種を作るのに使われた。スイスのシンメンタール谷が原産地で毛色は淡黄褐色又は赤褐色で顔は白く、四肢も白く、背などにも白班があらわれている。ヨーロッパの牛の中でも大型で、乳肉兼用種でもある。スイスを中心にフランス、オーストリア、ドイツ、イタリア、チェコ、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどで飼育されている。
 

  体重(s) 体高(p)
種雄牛 1,150 155
雌牛 750 140
シンメンタール種

(写真提供:熊本県農業研究センター 畜産研究所)

写真館(他の写真)はこちらから >>

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。