一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
肉用牛豆知識
トップページへ
肉用牛の歴史 肉用牛の種類 日本の肉用牛の祖先 外国肉専用種 乳用牛の種類
|見島牛|アバディーンアンガス種シンメンタール種ショートホーン種デボン種


見島牛 < 日本の肉用牛の祖先 < 肉用牛豆知識 < トップページ

日本の肉用牛の祖先

見島牛
 

  現在の肉専用種は、明治時代に在来の和牛に多くの外国種を交配して作られたが、見島牛は外国種の影響を全く受けていない在来和牛の唯一のものである。山口県見島に保存会の努力で雌85頭、雄14頭(平成18年)が飼育されている天然記念物である。毛は黒く体はきわめて小さいが、肉質、ことに脂肪交雑は安定して極めてよく、黒毛和種の基となった牛である。
 

  体重(s) 体高(p)
雄牛 488 130
雌牛 257 113
見島牛 雄牛

見島牛 雌牛

(写真提供:山口県農林水産部畜産振興課)

写真館(他の写真)はこちらから >>

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。