社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
平成30年度畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策)に係る取組主体候補者の公募について
トップページへ
「平成30年度畜産生産能力・体制強化推進事業」に係る取組主体候補者の公募について < トップページ

平成30年度畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策)に係る取組主体候補者の公募について

1.公募の開始

(一社)全国肉用牛振興基金協会では、地域内一貫生産体制の構築に向けて、繁殖経営と肥育経営の間の円滑な素牛の供給・受入れ体制の整備や必要となる飼料の確保のため、地域内一貫生産の仕組みづくりに資する検討会や先進地調査、専門家による現地指導等を通じ、地域内一貫生産の推進や体制確立に向けた標記事業を実施する取組主体候補者の公募を開始しました。

2.公募の概要等

平成30年度畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策)の取組主体の公募については、「一般社団法人全国肉用牛振興基金協会畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策)実施要領」(PDF:380KB)「地域内一貫生産への円滑な移行対策の概要」(PDF:423KB)及び「平成30年度畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援)のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策Q&A」(PDF:117KB)をご参照ください。

3.応募方法

4の応募期間内に「一般社団法人全国肉用牛振興基金協会畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策)に係る取組主体公募要領」(PDF:554KB)に基づき、「平成30年度畜産生産能力・体制強化推進事業(繁殖肥育一貫経営等育成支援のうち地域内一貫生産への円滑な移行対策)」「様式1」(Word:32KB)、「様式2」(Word:36KB)、「様式3」」(Excel:14KB)、「応募書類チェックシート」(Word:39KB)を作成し、5の応募先に提出してください。

4.応募期間

公募期間(応募書の提出期間)は、平成30年7月30日(月)〜8月23日(木)まで

5.応募先及び問合せ先

【 応募先 】

〒102-0094  東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5階
(一社)全国肉用牛振興基金協会 事業部 あて

【 問合せ先 】

同上
TEL:03-3234-2605  FAX:03-3288-0443  Eメール:shinko@nbafa.or.jp
※ただし、問い合わせについては、平日の午前9時〜午後5時45分(正午〜午後1時を除く。)とします。

6.その他

事業の内容等については、「畜産生産能力・体制強化推進事業実施要綱」(平成23年4月1日付け22生畜第2465号、改正 平成30年3月28日付け29生畜第1302号)(PDF:126KB)、「畜産生産能力・体制強化推進事業実施要領」(平成23年4月1日付け22生畜第2467号、改正 平成30年3月28日付け29生畜第1304号)(PDF:220KB)、「畜産生産能力・体制強化推進事業費補助金交付要綱(平成23年4月1日付け22生畜第2466号、改正 平成30年3月28日付け29生畜第1303号)(PDF:272KB)、「補助金等の実施に要する人件費の算定等の適正化について」(平成22年9月27日22経第960号)(PDF:151KB)も併せてご覧ください。


Adobe Systems社のホームページへ PDFファイルを御覧いただくには、Adobe Systems社の「Adobe Reader」というソフトが必要です。お持ちでないかたは左のアイコンをクリックしてAdobe Systems社のホームページからダウンロードしてから御覧ください(ダウンロードは無料です)。

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。